カテゴリー別アーカイブ: さらば気まぐれ美術館

『田島隆夫の織と繪』 ~この一冊★本日休館コレクション No.6

   8月下旬、個人美術館フロムウィンズ(神奈川県南足柄市雨坪404)にて開かれている『企画展 没後20年 田島隆夫の彩墨画』に妻と行ってきました。  今回が初公開となる「千字文」を含む30数点、と案内にありま…Read More

「芸術新潮 1987年11月号」とめぐり逢う

 その日、BOOKOFFロッテシティ錦糸町店に1冊だけあった雑誌「芸術新潮」は、新刊のまま年月を経てずっとそこにあるような、素晴らしい状態のものでした。  表紙を見て「気まぐれ美術館」が連載されている時代のものだろうと思…Read More

「雪の降り方」より

・・・・・・・・・・・・。  七郎さんが持ってきていたこんどの新しい画集を、私は飲みながらあちこち開いて見て、七郎さんと別れたあと、部屋に入ってから丁寧に見た。見はじめると頁を閉じることができず、前の晩ろくに眠っていない…Read More

「画廊から」-現代画廊 田島隆夫 彩墨画展-

 田島さんの絵が一年一年、確実によくなって行くのを見ると、私は、一本の樹が一年一年、根を深く降ろして行くのを見るような気がする。つまり、物を見る田島さんの眼が深くなって行くということだろうが、その深くなって行く行きようが…Read More

不思議な展覧会「洲之内徹と現代画廊 昭和を生きた目と精神」

要するに、私はただ「私にとって絵とは何か」を問い続けているのだ――さまざまな絵や風景との出会いの中で、そこにひそむ人間の生に戸惑い、考え、感動し、時には目まいを覚えつつ暮らす一画廊主の日々。  これは、洲之内徹『気まぐれ…Read More

<「男は一代」補遺 金子徳衛 >より

・・・・・・ パリにいる間、徳衛さんの頭には、寝ても覚めてもド・スタールがあった。モンマルトルで買ったという小冊子のド・スタールの画集を、徳衛さんはいまも大切にしているが、アトリエの書棚からその画集を出してきて、その中の…Read More

「第三者」

………何でも知っているQのような種類の人間がいる。映画のことだろうとジャズのことだろうと、絵のことだろうと、何だって彼の知らないことはない。ジャズは昔はJAZZとは書かずJASSと書いたということも知っているし、千九百何…Read More