カテゴリー別アーカイブ: 未分類

「ゆめまぼろしのごとくなり」(『人魚を見た人』より)

 その日は不思議な日で、夜、Tに会ったのとは関係なく、昼間、私は学校にいた頃からほぼ五十年ぶりに、しかもそれ以来初めて、もと東京美術学校の本科、現東京芸術大学美術学部の構内を、奥の方まで歩いてみたのだった。そこの芸術資料…Read More

ドリームタイム

「死」が通り過ぎていく。のっぺらぼうな風とともに 先日、近所でご不幸があり、隣組ということで告別式での受付や駐車場の誘導整理をした。まだ60歳代半ばの若さで、且つ半年前まで元気だったこともあって、多くの参列者が驚きと深い…Read More

さあ、今年のお茶作りが始まった

 今年も緑茶の製造と販売に向けて、1月から3月上旬にかけて有機肥料を施しました。3分の1は無料で手に入れている醗酵済みの米糠です。去年から少しずつ使っているのですが、結果にどう出てくれるのか楽しみです。以前は堆肥を作って…Read More

写真家・荒木経惟への食べず嫌いが治った

 不意打ちだった。その写真を目にしたときに、熱いものが目頭にあふれてきた。 熱い感情に気持ちが激しく掻き乱されたという実感はなかったが、目頭に熱いものがあふれてきて、いまにも零れそうになったのだった。奇妙な体験だった。 …Read More

映画、観てない

 本サイト館主から「今度、映画について書いてくれ」と頼まれた。以前なら少し苦労しながらでも何とか書けただろうが、今は書くことが出来ない。映画を殆ど見ていないからだ。  「映画について書いてくれ」-- 20年以上前になるが…Read More

楽園のカンヴァスで夢をみた

 9月の穏やかな日に箱根のポーラ美術館に行ってきた。  この美術館は10年ほど前にでき、ピカソ『海辺の母子像』、ゴッホ『アザミの花』、シャガール『私と村』、ルノワール『レースの帽子の少女』やモネ『睡蓮の池』等有名な西洋画…Read More

東京は昔、水の街?

 単身赴任になって2年が過ぎた。健康状態は変わりないが、仕事のせいか気忙しく落ち着かない。土日に家に帰ることもその要因の一つかもしれない。ほぼ毎週の帰省はうれしい反面、自分の時間は少なく、慌ただしい。新幹線に乗ってしまえ…Read More

宇野マサシ『ぼくの旅-放浪と人と絵と-』

 4月、宇野マサシ先生より『ぼくの旅-放浪と人と絵と-』(皓星社)という新刊本を贈っていただきました。その前月、愛知県豊田市の豊田画廊で開催された「宇野マサシ油絵展」(4月2日~8日)の案内状が送られてきたときに、この本…Read More