カテゴリー別アーカイブ: 帰りたい風景

「一枚の絵」

「………… ところで、私はいま、一枚の絵のことを書こうと思うのだが、私の言う「一枚の絵」は、その「一枚の絵」株式会社の「一枚の絵」のことではなくて、いま私が私の画廊の一隅に掛けている一枚の絵、草光信成の「薄の丘」という小…Read More

「中野坂上のこおろぎ」

「………… 絵も、絵だけであってほしいと私は思う。その、私の言う絵だけの絵を一枚、見ていただくことにしよう。口絵の、山口薫の「かすみ草」がそれである。 だが、こう書いた以上、この絵がどう絵だけであるかを書かなければならな…Read More

「青い、小さな、スーッとするような絵」より

「なぜ自分がこんなに「ポアソニエール」に惹きつけられるのか判らない、とKさんは言う。判らないし、うまく言えないが、私がこの絵のことを書いているところを読むと、方々で、自分も同じ、そのとおり、そのとおりと思うのだ、とも言っ…Read More

「羊について」、「自転車について」より

「羊について」より 「……私は、やっとこの頃になって、生きているということがとても面白いことだということが解ってきたところなのである。一日一日といろいろのことがよく見えてくるような気がして、とても楽しいのだ。見えてくると…Read More

「三年目の車」他より

「三年目の車」より 「……しかし、それがあの何かであるかどうかはわからない。あるいは、その何かは作者自身にもわからないのではあるまいか。そして、作者は、その自分でもわからない何かに内側から押されて、描かずにいられなかった…Read More