C.W.(コリン・ウィルソン)論 序説 その2

 C.W.が亡くなって(2013.12月)没)びっくりしたが、もひとつ日本の論壇・文壇からはほとんど反応がみられないのにも・・・。もうコリン・ウィルソンは「過去の人」なのか?  この文を書くために、本棚から21点ひっぱり…Read More

わがヘルとヘブン-C.W.(コリン・ウィルソン)へのオマージュ&レクイエム序章

 ああ、ついにコリン・ウィルソン(C.W.)逝く。81歳。病(死因不詳)。C.W.の神であったG・バーナードショーのように、もっと長生きして活躍して欲しかった。  But、彼の業績は不滅である。パスカルが言う如く「人間は…Read More

カラスの赤ちゃん、なぜ泣くの?

古い人間ほど新しいものを欲しがるものでございます。が、どこに新しいものがござんしょう? オーイ、老い! 津波のコワサはわかったが、もっとコワイものがある。寄るトシ波。オイル(老いる)ショックを越えて、われら後期(香貴)高…Read More

疲れを知らない子供のように

人間も動物。生きものなのに、それを忘れがち。頭脳が発達しすぎ、肉体の方がついてゆけない事態が来ている。文明の発達は、唯脳化・都市化であり、ますます肉体という小自然にひずみが顕在化-ガンとうつ・自殺・若年性認知症が増える一…Read More

古典が新鮮!

『「江戸しぐさ」完全理解』(三五館:2006) 『図解雑学 菜根譚』(ナツメ社:2010) 『みんなが幸せになるホ・オポノポノ』(徳間書店:2008)   戦後は死語になり、輪後(東京オリンピック)から泡(バブル)後を経…Read More