宇野マサシ『ぼくの旅-放浪と人と絵と-』

 4月、宇野マサシ先生より『ぼくの旅-放浪と人と絵と-』(皓星社)という新刊本を贈っていただきました。その前月、愛知県豊田市の豊田画廊で開催された「宇野マサシ油絵展」(4月2日~8日)の案内状が送られてきたときに、この本…Read More

不思議な展覧会「洲之内徹と現代画廊 昭和を生きた目と精神」

要するに、私はただ「私にとって絵とは何か」を問い続けているのだ――さまざまな絵や風景との出会いの中で、そこにひそむ人間の生に戸惑い、考え、感動し、時には目まいを覚えつつ暮らす一画廊主の日々。  これは、洲之内徹『気まぐれ…Read More

宝明炭窯元

   酷暑の8月、ここ数年ご無沙汰している藤枝市の滝沢という山間の村で「竹炭」「竹酢液」を作っている師匠・栗原重雄さんに会ってきました。若い友人の中島さんと一緒です。  ここの竹炭小屋は、10年ぐらい前『竹炭塾/1期生』…Read More

『長谷川利行画文集 どんとせえ!(Don`t Say)』

堀井彰さんの「絵の複製が美しいと感じるとき」を読みながら、どんな写真をいれようか考えているとき、この本(求龍堂2000年・刊、絶版)が頭に浮かんできました。 ページをめくっていると、本当に実際の絵、原画が無性に観たくなっ…Read More

カツライス

「本日休館」(2011年秋号)第19号をお届けします。 テオ・アンゲロプロス監督「旅芸人の記録」の映画評は1982年に雑誌「映画芸術」に掲載されたものをだいぶハショッテ転載させていただきました。 高橋正也さんの文章は以前…Read More